blog ブログ

HOME // ブログ // 堺市膝痛改善。変形性膝関節症で軟骨がすり減っていると言われた膝痛も良くなりました。

CATEGORY


パーソナルトレーニング事例

堺市膝痛改善。変形性膝関節症で軟骨がすり減っていると言われた膝痛も良くなりました。



こんにちは、平松です。

膝が痛いと相談に来られる人に、整形外科では何て言われましたか?

と聞くと、多い答えの一つに、

「変形性膝関節症で軟骨がすり減っている」

という答えです。

膝の痛みで相談に来られたこのお客様もそう言われました。

特に片膝だけ、軟骨がよく減っていと言われたそうです。

整形外科では、月に2回、ヒアルロン酸の注射を1年ほど続けられました。

ですが、効果を感じなっかたと言われています。

よくすり減っている方の膝は、階段の上り下りで、痛みが出たり、歩行でも違和感があります。

立ち姿勢をみると、軟骨がよく減っている方の脚が、X脚になっています。

軟骨が片膝だけ良く減っている原因は、X脚になる、X脚にした、からだの使い方だと思います。

X脚になる様にからだを使い、X脚になる様なストレスを長年にわったって掛け続けた結果、X脚になっています。

自然なからだの使い方をしていれば、X脚にはなりません。

自然なからだの使い方をしていてX脚になるなら、もっと多くの人がX脚になっているはずですもんね。

X脚ということは、膝関節は本来の正しい動きをしていません。

していないので、過剰なストレスが掛かり、軟骨の減り方も激しいということです。

ドアの蝶番も同じです。

正しい動きをしていれば、長い間スムーズに動きます。

少し捻じれて動かしても、新しい間は動いてくれます。

が、長い間動かしていると、だんだんと黒い粉を噴き始めます。

そのうち、音が鳴り、最後にはドアの開閉が出来なくなります。

そうなると、ドアの頂版を交換しなければなりません。

人間の関節も同じです。

ドアの蝶番の様に、今の医学では交換もできるようですが、大掛かりなものになります。

また、軟骨は、再生が難しいといわれています。

ですので、膝に違和感を感じている人は、早めに整形外科で診察してもらいましょう。

そして、原因がX脚になるからだの使い方ならそのからだの使い方を直しましょう。

このお客様も、X脚になるからだの使い方を改善していくと、

まず、歩く時の違和感がなくなりました。

そして階段の上りが、痛みなく楽になり、その後下りも楽になられました。

X脚もだんだんと改善しています^^

どんなことをしているかは、こちらに少し書いています。

あなたの膝痛も、正しいからだの使い方に戻せば、改善されるのではないでしょうか?

 

 

ブログ一覧