足腰だけでなく脳の衰えも不安な人へ。運動が脳にもたらす好影響の関係。

● 足腰だけでなく脳の衰えも不安な人へ。運動が脳にもたらす好影響の関係。

こんにちは、平松です。

Yahoo!ヤフーに運動が脳にもたらす好影響の関係にいての記事がありましたので、ご紹介します。

以下記事を引用します。

1:運動は筋肉だけでなく脳も鍛えられる!

記憶に関係する脳の部位として、海馬(かいば)というのがあります。海馬は、65歳くらいになると、1年で1%程度委縮するといわれていますが、有酸素運動や筋力トレーニングをすることにより、海馬の神経細胞が、逆に増加することがわかってきました。

篠原教授曰く、「高齢者に速歩を週3回、1回40分、1年間実施したところ、海馬で新しい神経細胞が生まれやすくなり、海馬が1~2%大きくなったというデータが出ています。

スポーツクラブでトレッドミルやバイクをこいでいる人は、筋肉だけでなく脳も大きくしているのです」とのこと。

適度な運動の大切さがわかりますね。

2:デュアルタスクが脳の活動を高める

また最近では運動しながら脳を使うことで、脳の活動を高めることが明らかになっています。

篠原教授は、「運動しながら簡単な引き算をしたり、しりとりをすることで、脳の萎縮を抑制し、脳機能の維持に役立つというデータが出てきています」と話します。

ものを考える時や、コミュニケーションをとったり、仕事の段取りをする時に使われる前頭葉の活動が高まるので、運動しながら英会話を聞いたり、学習テープを聞くとその効果が高まるそうです。

二つのことを同時に行う”デュアルタスク”は、脳機能の維持に大事ということですね。

3:運動はストレスに強い脳をつくる

さらに運動をすることで、ストレスに強い体質になることもできるのです。

「運動をすると、GABAと呼ばれる気持ちの安定に関係する物質を出す神経系が育つとされています。1回の運動で、その効果が6週間ほど保たれますので、スポーツクラブに隔週で通っても、十分、効果が期待できるということです」と篠原教授は、語ります。

1日5分程度の運動でも、免疫力がアップする効果があるそうです。

4:運動はやる気のスイッチになる

篠原さんは、「やる気は、脳の線条体という部位が司っていますが、運動するだけで線条体の活動が高まることが知られています。

つまり、運動をすることがやる気を出すことにつながっているのではないか、ということです」と話していました。

気持ちがへこんでいる時に運動すると気分転換になったり、やる気がわいてきます。

引用終わり

つい先日も、スポーツクラブでトレーニングされている人が、

「あとは、頭を鍛えないと」

と話されていました。

足腰が衰えて、自由の行動できなくなることにも不安がありますが、脳の衰えにも大きな不安がありますよね。

ほとんど、体を動かされていない人は、積極的に体を動かしましょう!

やってる人はやっていますよ^^