堺市、パーソナルトレーニング、トレーニングってしなければいけないの?

こんにちは、平松です。

 

 

「トレーニングってしなければいけないんですかね?」

「いつまですればいいんですか?」

 

ってたまに聞かれることがあります。

 

あなたはどう思割れますか?

 

私の答えです。

 

トレーンニングをしなくても、何の問題の無い人は、しなくても良いと思います。

 

決して、トレーニングすることが目的ではありませんよね!

 

健康の維持や快適な日常生活を送る。

腰痛や膝痛を治したい。

スポーツのパフォーマンスを上げたいなどと願望があって、その願望を達成する為に、必要であればやったらいいと思います。

(スポーツクラブ、ジムで観ていると、何の為に二の腕だけ鍛えてるのかなぁと思うことがあります。)

 

だから、ただトレーニングをすれば良い、運動をすれば良いということではありません。

 

自分の目的に応じた、ことをやらなければ意味がありません。

 

スポーツ選手も同じで、パフォーマンスを上げる為に必要なので、技術練習とは別にトレーニングの専門家・指導者にトレーニング指導を受けます。

 

もちろんトレーニングをすることが、他の人がゴルフや釣りをする様に趣味で、トレーニングすること自体が目的の人もおられると思います。

 

私が、

「よくやられてますね。」

と声を掛けると

「鉄の臭いを嗅がないと寝れないだよ。」

と言う人もおられました^^

 

世の中は年々便利になり、からだを使うことが減っています。

仕事ではストレスが溜まる事も多くなっています。

また、食べ物は美味しい物が溢れています。(美味しい物ほど高カロリーのように思います。)

そして、医療も発展し寿命も延びています。

 

この様な状況の中で「健康寿命」を延ばす為には、トレーニング、運動を意図的にすることが必要な人が増えているのは確かだと思います。

 

先ほども書いたように、日常生活の中で健康を維持できる人には、わざわざトレーニング、運動をする必要は無いと思います。

 

地球上では、重力が掛かっています。

一般の人であれば、その重力に打ち勝って、自分の脚で歩け、快適に日常生活が送れる筋力、体力ぐらいは必要ですよね。

 

トレーニングをすることで、自分の願望が叶うなら、その願望をかなえる為にトレーニングが必要ならやれば良い。

やらなくても良いならやらなくても良いと思います。

 

私もサッカーや野球などの球技は好きなのでやりたいと思いますが、トレーニングはやらなくても良ければやりたくないと思っていますよー

でも、必要だと思うのでやっていますけどね^^;

 

トレーニング、運動をすることで、腰痛、肩こり、膝痛が改善し快適な生活が送れるようになる人が、いっぱいいると私は思います。