「何をどうしていいのか?わからなくて」

● 「何をどうしていいのか?わからなくて」

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s
こんにちは、平松です。

「何をどうしていいのか?わからなくて」

と相談を受けました。

私の答えは、

「当たり前ですよ」

「トレーニングの勉強をしたことが無い人が、トレーニングの事が解らないのは、おかしなことではないです^^」

「○○さんは、残り物の材料で、ささっと美味しいものつくれるでしょう」

「私には、高級食材と、調理器具がそろっていても、美味しいもの作る自信はありません。仮にレシピ本があってもです^^;」

最近は、情報化社会なので、ちょっと調べればすぐに色々な情報が手に入ります。

その調べた情報を元に自分で行って、結果を出せる人はそれでいいと思います。

この自分で行う(継続してやる)といのもなかなか一人では、できませんよね!

・調べるのがめんどくさい
・調べたけど理解できない
・実際に自分の場合はどうしたらいいかわからい
・やったけど効果がでない
・続かない

という人は、少し費用は掛かりますが、専門家に相談してみてはどうでしょうか。

相談して下さる方がいるので、私も仕事ができています^^

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋肉の役割(筋トレしてみませんか?)腰痛、膝イタ改善にも必要です。

● 筋肉の役割(筋トレしてみませんか?)腰痛、膝イタ改善にも必要です。

c38cb39ad9d3280efe133894be5d9ed1_s
こんにちは、平松です。

最近、筋力・体力の衰えを感じていませんか?

あなたは、筋力トレーニングを行っていますか?

どんな目的で、行ってますか?

もちろん私も筋力トレーニングを行っています。

私の場合は、トレーニングが好きだとか、趣味でやっているわけではありません。

必要だと思うのでしかたなくやっています^^;

筋肉の役割を簡単ですが、ご紹介します。

1.カラダを動かす原動力

当たり前ですが、筋肉が動いて、手足を動かします。

また、内臓も筋肉でできており筋肉の収縮で動いています。

2. 姿勢の維持

地球上では、常に重力が掛かっていますので、姿勢を維持するために筋肉が働いて姿勢を維持しています。

なので、筋肉がより働かなければならない様な悪い姿勢をしていると、肩凝り、腰痛が起こります。

歳をとり、筋力が落ちると背中の丸まった姿勢になり易くなります。

最小限の筋肉の働きで楽にリラックスして立つことが日常生活でも、スポーツでも大切です。

3. 熱の産生

体温を維持するために熱を作っています。

常に37度ほどの体温が維持されるようになっています。

全体の約6割を筋肉で作っています。

気温の高い夏よりは、低い冬の方が熱を作る必要性があるので、代謝は増えます。

このことだけを考えれば、夏より冬の方が痩せ安いと言えます。

4. 衝撃の吸収・内臓の保護

歩いたり、走ったりした時の地面からの衝撃や外からのストレスから内臓などを守ります。

5. 内分泌器官

最近の研究では筋肉が働くとホルモンを分泌することが分かっています。

よって、部分痩せもできるのではないか、と言われるようになってきました。

筋肉には上記の様な役割があります。

健康なカラダを維持するためには、筋量の維持も大切です。

筋肉は適度な刺激を与えてやらないと衰えていきます。

日常生活の中でその刺激を与える事が出来る人は良いですが、便利な世の中になり日常生活の中では難しくなっています。

ほんの少しの段差も無くなってきていますよね。

健康を維持するのに必要な筋肉を、維持する程度の運動を行いましょう。

年齢に関係なく、正しくトレーニングをすれば、筋肉は強くなります。

また、適度な筋肉がつくとカラダも凹凸ができ、かっこいい、きれいなボディラインができますよー^^

使わない能力は衰えますよー

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「全然体重が増えません!」

● 「全然体重が増えません!」

bd7944bf815ed942b5f2939142781eea_s
こんにちは、平松です。

「全然体重が増えません!」

高いパフォーマンスを発揮する為には、増えすぎて重りにならない範囲での筋量が必要になります。

なので、指導しているスポーツ選手には、体重を増やす(筋肉を増やす)こともトレーニングの目標の一つにしています。

「しっかり飯食ってるか?」

って聞くと

「食べてます。」

って応えてきました。

でも、体重が増えないということは、やはり食べる量(摂取エネルギー)が足りていないということです。

消費エネルギー < 摂取エネルギー

ならば、体重は必ず増えます。

筋肉で増えるのがベストですが、筋肉が増えなくとも脂肪が増えても体重は増えます。

逆に

消費エネルギー > 摂取エネルギー

ならば、体重は減ります。

そして体質、個人差もあります。

極端な例ですが、タレントのギャルそ曽根さんの様な体質であれば、自分は人より食べていると思っても、体重を増やす為にはもっと食べなければいけないということです。

一生懸命、努力しているのに

なかなか、減量、増量できない人、

腰痛、肩こり、膝イタが治らない人、

何か原因がないか?自分の腰痛、肩こり、膝イタの改善にやっていることは自分に合っているのか?正しいのか?

無駄な努力にならないよう、今一度確認して下さいね!

トレーニング効果は、正しいことを継続してはじめて現れますよー

あきらめず続けましょう^^

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝痛、股関節痛、腰痛のある方、ズバリ太っていませんか?

● 膝痛、股関節痛、腰痛のある方、ズバリ太っていませんか?

9093894cf3eb71d5fa6017e3eb9c19af_s
こんにちは、平松です。

膝痛、股関節痛、腰痛のある方、ズバリ太っていませんか?

だんだんと、お腹周り、お尻から太ももに掛けて脂肪が増えていませんか?

歩いている時:体重の約3倍
階段の昇降時:体重の約7倍
ランニング時:体重の約10倍

の負担が膝にかかると言われています。

体重が1kgが増えただけでも、歩く時に膝には3kgの負担が増します。

これに歩き方、姿勢の悪い方は、膝、股関節、腰にもっと負担が掛かる場合があります。

膝イタ、股関節痛、腰痛のある方肥満になっていませんか?

肥満はもっとも代表的な生活習慣病の一つです。

体重が重たい人が肥満ではなく、体脂肪率が高い(体脂肪量)人が肥満です。

体脂肪がお腹周りになどに大量に付くと重心の位置も変化し正しい姿勢も取りにくくなり、異常にストレスのかかる場所が出てきます。

そして腰痛などの原因になります。

痛みが出ると、運動量が低下する。

体脂肪という重りを持ったままでは、運動がしんどい。

そうなると、運動量が減り、太り易くなるという悪循環になります。

そして、筋肉を使わなければ、筋肉はどんどん減って行きます。

マッサージをしてもらったり、電気を当ててもらっても、脂肪は減らないし、筋肉も増えません。

また、悪い姿勢や歩き方も改善できません。

肥満や運動不足の方は急に無理をせず、体と相談しながら少しずつ運動することをお勧めします。

そして、少しずつでいいので継続することが大切です。

もちろん正しいやり方で!

最後は、自分で動くしかありませんよー^^

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨を鍛える、効果的な方法。

● 骨を鍛える、効果的な方法。

252700
こんにちは、平松です。

筋肉と同じで骨も鍛えることが大切です。

骨も筋肉と同じで鍛えなければ、どんどん弱くなっていきます。

骨が弱くなると、骨密度が低下し(スカスカになり)、骨折の危険性が高くなります。

年齢を重ねてからの、特に脚の骨折は大変危険です。

私の義理の祖母も、家の中でこけたことが原因で脚を骨折し入院をして、そのまま退院することなく一生を終えました。

骨折するまでは、元気に畑仕事なども行っていました。

歩けなくなり、重力負荷のかからない病院生活で、筋肉、骨も弱っていきました。

また、もう一回自分の脚で歩きたいという気力も、すぐになくなっていったように思います。

骨を鍛えるには、骨の長軸方向に荷重ストレスを加えるのが効果的です。

現在の骨より強くするには、最低日常生活の運動強度より高い負荷を与えなければ、骨は強くなりません。

これは、筋肉も同じです。

日頃、ほとんど運動をしていない人であれば、ウォーキングが有効です。

運動はもっぱら、水泳だけという人も、水泳では骨は強くなりません。

では一日どれくらい歩けば、骨粗鬆症や生活習慣病の予防に有効であるか?

女性143名、平均年齢71.4歳の人を対象にした研究結果をご紹介します。

1日6000歩以上歩くと効果的という結果が出ています。

歩数計の目安としては、10分=1000歩。

また、12000歩以上歩いてもそれ以上は、骨は強くならない。

それ以上強くするには、ウエイトトレーニング、ジョギングなどもっと強いストレスが必要になります。

ウエイトトレーニングでは、重りを担いでしゃがんだり、立ったりするスクワットのような種目が有効です。

日頃何も運動していない人はまず、ウォーキングだけでもお勧めします。

また、運動は水泳だけ、自転車を漕ぐだけという人も骨に荷重負荷がかかっていませんので、骨は鍛えられていませんよ。

水泳だけしかしていない人が、健康診断で、骨粗鬆症だと言われたという話をよく聞きます。

ここまでは、以前のメルマガ、ブログにも書きました。

成人の骨格の95%は、女性で17歳、男性で19歳までに形成されます。

骨密度は、20歳頃に最大値に達します。

男女共に40歳代まで最大値が維持され、男性ではそれ以降緩やかに減少していきます。

女性は、50歳頃に閉経を迎えると急激に減少します。

将来の為にも、子供の間に、骨密度を高めることをすることが大切です。

ブリティッシュ・コロンビア大学の調査では、小学生が一日に三回(朝、正午、下校前)、5~15回垂直跳びをすると、骨密度が著しく高まることが明らかになっています。

まさに骨の長軸方向にストレスの掛かる運動ですね。
(着地の時に掛かります。)

私が子供の時は、縄跳びもしました。

どれぐらいの高さから飛び降りできるか?競争もしました。

鬼ごっこで、いろんな所を走り回りました。

運動能力の発達に貢献してたんですね。

この調査では垂直跳びということなので、一回一回しっかり跳び(パワー発揮し)ぴょんぴょん跳ねた時の着地衝撃よりも、大きな衝撃が必要と言うことでしょうか。

私も、子供に外でしっかり遊ぶ機会を増やしてやりたいと思います。

運動不足の人は、いきなりジャンプ、縄跳びはしないでくださいね。

着地の衝撃はすごいですから!腰、膝などいためますよ^^;

健康を維持するためには、筋肉も大切ですが骨も大切です。

骨も鍛えましょう!

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加