運動、トレーニングだけ見よう見まねで上手くいく。そんなはずはありませんよね!

● 運動、トレーニングだけ見よう見まねで上手くいく。そんなはずはありませんよね!

014e222e431661a2b479a8b9dbd48666190064e60f

こんにちは、平松です。

大阪も暖かくなってきました。

プロ野球も開幕し、春到来ですね。

運動不足を感じ、健康の為に何かしないといけないなぁ~。

この腰痛、肩凝り、膝痛改善の為に、トレーニングしようと思っていたが、寒いのでなかなか続かない、最初の一歩が出なかった人は、始めるには、暖かく良い季節になってきました。

スポーツ、運動をしやすい気候にはなってきましたが、あなたのからだは、ウォーキング、ジョギング、筋力トレーニングを始められるからだになっていますか?

私のお客様の中には、病院の先生に運動をしなさい。

歩きなさいと言われて、ウォーキングを頑張っていたら膝が痛くなった。

運動不足を感じ、スポーツジム、クラブに入会。

毎日、筋力トレーニングをしていたら、股関節が「グキィ」、肩が「ゴリィ」といって、それ以来まともに動かなくなった。

などと、相談に来られる方がおられます。

また、スポーツジムにいると、多くの方が、ランニングマシンでウォーキング、ランニングをされていますが、その歩き方、走り方では、正直あまり頑張らない方がいいなぁ(故障をするので)と思う方がた~くさんおられます。

痛み、凝り、違和感、パフォーマンスの低下があるということは、何処かが本来の状態にないと思います。

正常な状態にないので、金属疲労のようにストレスが異常にたまる場所ができ、痛みや、凝りが発生します。

日常生活での癖、仕事、スポーツ、不活動などによってからだの歪み能力の衰えが発生し、よく使う筋肉、使わない筋肉が出てきます。

そのままのアンバランスな状態でトレーニング続けていくと、もっとからだはバランスの悪い状態になっていきますよね。

まずは、その本来の状態にない状態を本来の正常な状態に戻してから、トレーニング、運動をする。

からだの歪み、本来の状態にない所を本来の状態に戻す為に、トレーニング、運動をしましょう。

運動、トレーニングだけ見よう見まねでがむしゃらにやれば上手くいく。

そんなはずはありませんよね!

今まで、仕事をこなし、家事をこなし、色々な趣味を楽しんできた、あなたにはわかりますよね。

あせらず、しっかり下準備をしてから始めましょう^^

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛、肩こりを改善する為には、○○を良くしなければなりません。

● 腰痛、肩こりを改善する為には、○○を良くしなければなりません。
MB900424376
こんにちは、平松です。

腰痛、肩こりを改善するには、「血流を良くする」ことです。

よく使う筋肉は、使いすぎて疲労すると、短縮し硬くなります。

その反対であまり使わない筋肉は収縮することが少なく、伸ばされたままの状態が多くなると、収縮する力の弱い筋肉、伸びたままの硬い筋肉になります。

これは、歪みの原因の一つです。

筋肉は収縮する時にエネルギーを必要とします。

また、収縮した状態をとく(緩む)のにもエネルギーを必要とします。

収縮した状態でエネルギー切れとなり、収縮したままの状態が続いているのが、筋肉がこっている状態です。

肩や腰の筋肉は、重力に逆らって、姿勢を維持するだけで、持続的な収縮を繰り返しています。

なので、肩や腰の筋肉に負担が掛かる姿勢を続けると、筋肉にこりが発生しやすくなります。

筋肉がこると、筋肉内の血流が悪くなります。

こうなると、必要なエネルギーや酸素などの供給が減ったり、乳酸などの疲労物質も停滞してしまいます。

この状態が長く続くと、筋肉に痛みを感じる様になります。

痛いと力が入りやすくなる。

そのことでまた、エネルギーを使い、筋肉は収縮したままで、ますます血流が悪くなります。

さらに、痛みを感じる神経が興奮すると、血管を細くする交感神経も興奮し、ますます血流が悪くなります。

こうして、どんどん、肩こり、腰痛がひどくなります。

では、上記の様な原因の「腰痛、肩こり」の改善、予防にはどうすれば良いか?

もうおわかりだと思いますが、

「血流を良くする」

「血流が悪くならない様にする」

ですね。

筋肉の緊張を取り、血流を改善し、弾力のある筋肉に戻す。

全身は繋がっています。もちろん血流も繋がっています。一ヵ所流れの悪い所があれば全身に影響が出ています。

私の指導後の感想では、

「全身ポカポカする」

「血が通ってるのがわかる」

って言われますよ^^

初めてのパーソナルトレーニング後、ほてってなかなか寝れなかったと言われる、70代のお客様もおられました。

血流を良くする方法あなたは知っていますか?

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな姿勢の方で、腰痛、肩こり、膝痛がある方がまずする事。

● こんな姿勢の方で、腰痛、肩こり、膝痛がある方がまずする事。

こんにちは、平松です。

こんな姿勢の方が、スポーツジムでは、仰向けに寝て、上体お越し(腹筋を鍛える運動)を一生懸命行われています。

この絵をよーく観て下さいね。

IMG_20140415_0001_NEW

ヘタな絵だなぁ~と思われた方、それは正解ですが^^;

そうではなくて。

腰、背中が丸まっています。

立っているだけで、腰、肩、膝がしんどそうにみえませんか?

この丸まっている状態のからだに、さらに、上体お越し(腹筋を鍛える運動)で腰、背中を丸める方向に動きを繰り返す。

あなたは、どう思いますか?

この様な姿勢の方が、腰痛、肩凝り、膝痛を改善するには、上体お越し(腹筋を鍛える運動)を一生懸命やるより他にやらなければいけないことがあります。

それは、背筋を伸ばして楽に立てる様になることです。

からだを丸める事を繰り返す前に、伸ばす、伸びることを先に行わなければなりません。

簡単なところでは、仰向けに寝る。

うつ伏せに寝る。

深呼吸を繰り替えす。

伸びをする。

エトセトラ、エトセトラ。

中には、まっすぐ立つことを意識するだけできる方、仰向けに寝る事すら辛くてできない方色々だと思います。

やり方は、色々あるので、その人のからだの状態に合わせて選びます。

要は、あの絵から想像できることは、からだの前面は縮んでいて、背面は伸びていることです。

これを、縮んでいる方は伸ばし、伸びている方は縮めて本来の正常な状態に戻せは、背筋の伸びた自然な姿勢で、楽に立てます。

あなたの姿勢が、あの絵の様な傾向があると思われるなら、背筋の伸びた自然な姿勢に楽に立てる様にすることを考えましょう。

楽にです。

無理やり腰、背中に力を入れてピーンと立つのとは違いますよー。

腰痛、肩こり、膝痛があれば良くなると思います。

私のお客様も良い結果が出ています^^

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛、膝痛や股関節痛など運動の妨げになる体の痛みがある方は、認知症になるリスクが高い!?

● 腰痛、膝痛や股関節痛など運動の妨げになる体の痛みがある方は、認知症になるリスクが高い!?

こんにちは、平松です。

最近読んだ、読み物にアルツハイマー型認知症を防止する要因が何なのか書いてありました。

1.適切な体重を保つこと

2.学び続けること

3.運動

そして、あらゆる角度から研究した結果、体重、学習、運動のなかで、アルツハイマー発症予防に一番大きな影響力持っているのが、

運動

であることがわかりました。

将来、あなたは認知症になりたくないですよね!

認知症になりたくない人は、上記の1.2.3.を意識しましょう。

腰痛、膝痛、股関節痛があって、運動ができない。

運動をしない。

認知症になるリスクが高いという事ではないでしょうか。

一日も早く痛い所を改善し、定期的な運動をお勧めします。

そして、腰痛、膝痛、股関節痛の改善に運動を取り入れれば、改善する前から運動ができますね。

腰痛、膝痛や股関節痛など運動の妨げになる体の痛みがある方は、認知症になるリスクが高いですよー^^

今すぐ、あなたの生活に運動を取り入れましょう!

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋肉の凝り、張りをとり正常な状態に戻すには、気持ち良い「快」の刺激を与えることが大切です。

● 筋肉の凝り、張りをとり正常な状態に戻すには、気持ち良い「快」の刺激を与えることが大切です。

MB900406772

こんにちは、平松です。 腰痛、肩こりの多くの原因は筋肉の使い過ぎ、ストレスがその部分に溜まり痛みが発生します。

膝や肘の痛みも多くの原因は、筋肉だけではありませんが、要は痛みの出ている場所にストレスが溜まる姿勢、体の使い方をしているので発生します。

もちろん、これ以外の原因、精神的なもの病的なもの突発的な事故などもありますが・・・

よく使う筋肉は、使いすぎて疲労すると、短縮し硬くなります。

その反対であまり使わない筋肉は収縮することが少なく、伸ばされたま まの状態が多くなると、収縮する力の弱い筋肉になります。

伸ばされた状態が、ずっと続いても筋肉は硬くなります。

これが歪みの原因の一つです。

姿勢の崩れを直して、一ヵ所にストレスの溜まりにくくするには、まずは全身、緊張の無いリラックスした状態に戻すことです。

では、全身、緊張の無いリラックした状態にするためにはどうすれば良いか? からだに「快」の刺激を与えてやる。

脳が気持ち良いと感じると、からだ、筋肉も緩んでくれます。

私が、パーソナルトレーニングで身体調整をするときは、色々なテクニックを使います。

代表的で、あなたもすぐできるのは、ストレッチングでしょうか。

ストレッチングをする時、伸ばすのは、「気持ち良いなぁ~」と感じる程度まで。

それ以上に、無理やり伸ばすと逆に筋肉は防御反応として力が入り、上手く緊張が解けません。

先日も、 「朝から急遽、遠出をする用事ができ脚がパンパンに張って痛いので、今日はトレーニングできませ~ん。」

って、パーソナルトレーニングに来られた女性のお客様にストレッチングなどをしていると、だんだん呼吸音が大きくなったと思ったら、寝られていました。

そこは、個室などではなく、スポーツジムのストレッチコナーですが^^;

寝てしまうくらい心地良い刺激を与えましょう。

筋肉の凝り、張りをとり正常な状態に戻すには、気持ち良い「快」の刺激を与えることが大切です。

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加