カテゴリー別アーカイブ: 歪み・痛み・腰痛・肩凝り改善

腰痛、肩こり、膝イタを抱えているなら、まずは全身リラックスした状態にしましょう。

● 腰痛、肩こり、膝イタを抱えているなら、まずは全身リラックスした状態にしましょう。



こんにちは、平松です。

腰痛、肩こり、膝イタを抱えている人から、よく受ける質問の一つに、

「どんなトレーニングをしたらいいですか?」

というものがあります。

何処か弱いところがあるので、痛みが出ていると考えられているのだと思います。

このHPでも、腰痛、肩こりは筋肉の使い過ぎ、ストレスがその部分に溜まり痛みが発生してると書きました。

筋力の弱い所があるから痛みが出ているのではなく、負荷の掛け過ぎなので、まずはその場所に負荷が集中して掛からないようにしなけれなりませんね。

姿勢を改善する。

からだの使い方を改善する。

そして、全身は繋がっています。

お互いに影響し合っています。

何処か一ヵ所が動けば、その他の部分はそれに従って動きます。

その場で首をかしげて見てください。

バランスをとるために、首から下が動いたのがわかります?

痛みの出ている場所は、結果としてストレスが溜まり痛みが出ています。

痛い所だけ、マッサージ、針、ストレッチングをしても、また痛みが出るのはその為です。

根本改善にはなりません。

まずは、首から全身のストレッチング、体操をして体に緊張の無い正 常な状態に戻すことを目指しましょう。

痛みの出ている所だけでなく、全身ですよー

痛みの出ている所は、結果としてそこにストレスが溜まっています。

そして仕事、日常生活でどうしても酷使して、ストレスの溜まる所が あれば、鍛え強くする事も必要になってきます。

特に、スポーツクラブに来られている人は、鍛えて何とかしようという 人が多いように感じます。

スポーツクラブに通える。

スタジオレッスに参加できる。

ウォーキングできる人が筋力が無く痛みが出ている可能性は 低いと思いますね。

腰痛、肩こりの改善は、頑張らない方が効果がでます。

楽に、心地よく、リラックスです。

もちろん、筋肉がうまく動いていない、使えていないので、弱いの で痛みが出ていることもありますが・・・。

私の所に相談に来られる人も、ほとんどの人が緩めると良い結果が出ます。

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛、肩こりを改善する為には、○○を良くしなければなりません。

● 腰痛、肩こりを改善する為には、○○を良くしなければなりません。
MB900424376
こんにちは、平松です。

腰痛、肩こりを改善するには、「血流を良くする」ことです。

よく使う筋肉は、使いすぎて疲労すると、短縮し硬くなります。

その反対であまり使わない筋肉は収縮することが少なく、伸ばされたままの状態が多くなると、収縮する力の弱い筋肉、伸びたままの硬い筋肉になります。

これは、歪みの原因の一つです。

筋肉は収縮する時にエネルギーを必要とします。

また、収縮した状態をとく(緩む)のにもエネルギーを必要とします。

収縮した状態でエネルギー切れとなり、収縮したままの状態が続いているのが、筋肉がこっている状態です。

肩や腰の筋肉は、重力に逆らって、姿勢を維持するだけで、持続的な収縮を繰り返しています。

なので、肩や腰の筋肉に負担が掛かる姿勢を続けると、筋肉にこりが発生しやすくなります。

筋肉がこると、筋肉内の血流が悪くなります。

こうなると、必要なエネルギーや酸素などの供給が減ったり、乳酸などの疲労物質も停滞してしまいます。

この状態が長く続くと、筋肉に痛みを感じる様になります。

痛いと力が入りやすくなる。

そのことでまた、エネルギーを使い、筋肉は収縮したままで、ますます血流が悪くなります。

さらに、痛みを感じる神経が興奮すると、血管を細くする交感神経も興奮し、ますます血流が悪くなります。

こうして、どんどん、肩こり、腰痛がひどくなります。

では、上記の様な原因の「腰痛、肩こり」の改善、予防にはどうすれば良いか?

もうおわかりだと思いますが、

「血流を良くする」

「血流が悪くならない様にする」

ですね。

筋肉の緊張を取り、血流を改善し、弾力のある筋肉に戻す。

全身は繋がっています。もちろん血流も繋がっています。一ヵ所流れの悪い所があれば全身に影響が出ています。

私の指導後の感想では、

「全身ポカポカする」

「血が通ってるのがわかる」

って言われますよ^^

初めてのパーソナルトレーニング後、ほてってなかなか寝れなかったと言われる、70代のお客様もおられました。

血流を良くする方法あなたは知っていますか?

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな姿勢の方で、腰痛、肩こり、膝痛がある方がまずする事。

● こんな姿勢の方で、腰痛、肩こり、膝痛がある方がまずする事。

こんにちは、平松です。

こんな姿勢の方が、スポーツジムでは、仰向けに寝て、上体お越し(腹筋を鍛える運動)を一生懸命行われています。

この絵をよーく観て下さいね。

IMG_20140415_0001_NEW

ヘタな絵だなぁ~と思われた方、それは正解ですが^^;

そうではなくて。

腰、背中が丸まっています。

立っているだけで、腰、肩、膝がしんどそうにみえませんか?

この丸まっている状態のからだに、さらに、上体お越し(腹筋を鍛える運動)で腰、背中を丸める方向に動きを繰り返す。

あなたは、どう思いますか?

この様な姿勢の方が、腰痛、肩凝り、膝痛を改善するには、上体お越し(腹筋を鍛える運動)を一生懸命やるより他にやらなければいけないことがあります。

それは、背筋を伸ばして楽に立てる様になることです。

からだを丸める事を繰り返す前に、伸ばす、伸びることを先に行わなければなりません。

簡単なところでは、仰向けに寝る。

うつ伏せに寝る。

深呼吸を繰り替えす。

伸びをする。

エトセトラ、エトセトラ。

中には、まっすぐ立つことを意識するだけできる方、仰向けに寝る事すら辛くてできない方色々だと思います。

やり方は、色々あるので、その人のからだの状態に合わせて選びます。

要は、あの絵から想像できることは、からだの前面は縮んでいて、背面は伸びていることです。

これを、縮んでいる方は伸ばし、伸びている方は縮めて本来の正常な状態に戻せは、背筋の伸びた自然な姿勢で、楽に立てます。

あなたの姿勢が、あの絵の様な傾向があると思われるなら、背筋の伸びた自然な姿勢に楽に立てる様にすることを考えましょう。

楽にです。

無理やり腰、背中に力を入れてピーンと立つのとは違いますよー。

腰痛、肩こり、膝痛があれば良くなると思います。

私のお客様も良い結果が出ています^^

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋肉の凝り、張りをとり正常な状態に戻すには、気持ち良い「快」の刺激を与えることが大切です。

● 筋肉の凝り、張りをとり正常な状態に戻すには、気持ち良い「快」の刺激を与えることが大切です。

MB900406772

こんにちは、平松です。 腰痛、肩こりの多くの原因は筋肉の使い過ぎ、ストレスがその部分に溜まり痛みが発生します。

膝や肘の痛みも多くの原因は、筋肉だけではありませんが、要は痛みの出ている場所にストレスが溜まる姿勢、体の使い方をしているので発生します。

もちろん、これ以外の原因、精神的なもの病的なもの突発的な事故などもありますが・・・

よく使う筋肉は、使いすぎて疲労すると、短縮し硬くなります。

その反対であまり使わない筋肉は収縮することが少なく、伸ばされたま まの状態が多くなると、収縮する力の弱い筋肉になります。

伸ばされた状態が、ずっと続いても筋肉は硬くなります。

これが歪みの原因の一つです。

姿勢の崩れを直して、一ヵ所にストレスの溜まりにくくするには、まずは全身、緊張の無いリラックスした状態に戻すことです。

では、全身、緊張の無いリラックした状態にするためにはどうすれば良いか? からだに「快」の刺激を与えてやる。

脳が気持ち良いと感じると、からだ、筋肉も緩んでくれます。

私が、パーソナルトレーニングで身体調整をするときは、色々なテクニックを使います。

代表的で、あなたもすぐできるのは、ストレッチングでしょうか。

ストレッチングをする時、伸ばすのは、「気持ち良いなぁ~」と感じる程度まで。

それ以上に、無理やり伸ばすと逆に筋肉は防御反応として力が入り、上手く緊張が解けません。

先日も、 「朝から急遽、遠出をする用事ができ脚がパンパンに張って痛いので、今日はトレーニングできませ~ん。」

って、パーソナルトレーニングに来られた女性のお客様にストレッチングなどをしていると、だんだん呼吸音が大きくなったと思ったら、寝られていました。

そこは、個室などではなく、スポーツジムのストレッチコナーですが^^;

寝てしまうくらい心地良い刺激を与えましょう。

筋肉の凝り、張りをとり正常な状態に戻すには、気持ち良い「快」の刺激を与えることが大切です。

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツをやっていて、肩の痛みが出た。まずどうするか?

● スポーツをやっていて、肩の痛みが出た。まずどうするか?

MB900280515

 

こんにちは、平松です。

私は、肩の痛み、膝の痛み、股関節の痛み、腰痛などの痛みの改善の相談を受けた時には、ドクターはなんとおっしゃっているのかをお聞きます。

私は、医者ではないので、骨、筋肉、関節、靭帯や腱などがどの様な状態なのか、レントゲン、MRI、触診、問診などを行って診断す事ができません。

医師免許を持っていないのでできません。

毎日、バスケットボールをしている20歳前後の選手にも、トレーニング指導していますので、その選手達からも、足首が痛い、太もものここが痛いなど相談されます。

あなたの今までの経験で、これくらいの痛みなら、この受原因なら病院に行くまでもないと自信を持って判断できるものは、自己責任で判断されても良いと思います。

間違っていても、後悔は少ないでしょう!

しかし、これはどうかな?病院に行った方がいいかな?と思うなら病院に行ってはっきりさせましょう。

2週間も経ってひどくなってから、不安を抱えながら無理をしてひどくしてから、

あの時、病院に行っていれば、こんなにひどくならなかったのに

とならない様に、不安があるならまず、病院、整形外科に行きましょう。

行って、たいしたことが無ければ、無駄な時間とお金を使ったなぁと思うくらいです。


実際は、不安が取れたので、無駄な時間でもお金でもありませんが・・・・

診断が下れば、診断結果を基にまたスポーツを思いっきり楽しんでも、日常生活を送っても痛みが出ないよう、根本改善を目指しましょうね^^

あっ、治療院は病院ではありませんよー

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加