注意。まだ、運動、ウォーキング、ジョギング、筋トレをしてはいけない人。

● 注意。まだ、運動、ウォーキング、ジョギング、筋トレをしてはいけない人。

2047acf6bc06af3d30125672d40be3fd_s

こんにちは、平松です。

「平松さんが、指導されてるところを観て、私にはこれが必要かも?と、一回受けてみたいと思いまして」

と言ってパーソナルトレーニングを受けに来られた方がおられます。

肩凝り、腰痛、片脚だけがしんどいなど体力の低下を感じ、これではいけないと、他でトレーニング指導やマッサージ、ペアストレッチなども受けられたそうです。

「自分でも、ウォーキングを頑張ろうと思っていたところなんですが、こんなからだで頑張って歩いても大丈夫なのかと不安で・・」

とも言われていました。

今回、パーソナルトレーニングでサポートさせて頂いて、まだ、ウォーキングを頑張るのは早いとお伝えしました。

スポーツクラブ、ジムでは、多くの人が運動、トレーニングをされています。

まだ一所懸命に、トレーニングをしないほうが、いいのにぁと思う人が多くおられます。

その運動、トレーニングの目的が何なのかわからないので、一概にはいえませんが・・・・・

例えば、ランニングマシンでは、多くの人が長時間、ウォーキング、ランニングをされています。

私には、できませんが^^;

その歩き方、走り方を観ると、膝や股関節、腰など痛めそうだなぁ~と思う人が多くおられます。

ほどほどでやめられた方がいいのにと思います。

膝、腰、股関節など痛みが出る時は、そこに繰り返しストレスが掛かるので痛みが出ることがほとんどです。

そして、使っているように、変形していきます。

X脚、O脚、身体の捻じれなどですね。

X脚、O脚になる様に繰り返し負荷をかけているので、X脚、O脚になります。

ウォーキング、ランニング、筋トレも同じ動きを意図的に繰り返し、身体に負荷を掛けています。

間違った、負荷の掛け方を、一所懸命繰り返せばその事によって、故障してしまうのではないでしょうか?

まずは、長時間歩ける、走れる、大きな負荷を掛けれるからだになる、やり方、からだの使い方を知ってから、がんばりましょう!

量、負荷が足りない人は、故障する確率は低いですが、期待している効果は出ません。

こんなことを考えず、がんばる人は、良かれと思ってやっているのに故障の確率が高くなるということです。

このお客様は、継続してパーソナルトレーニングを受けたいと言う事のなので、歩き方等の指導後、ウォーキングを始めてもらいます^^