将来、自分の脚で歩けなくなるのが一番怖い人へ!

● 将来、自分の脚で歩けなくなるのが一番怖い人へ!

1af7d519f24fb5bd3036a78bc1763086_s
スポーツクラブなどで、年配の方とお話をすると、

「将来自分の脚で歩けなくなるのが一番怖い」

と良く言われます。

一般に30歳を過ぎると筋量の減少が始まります。

足腰の筋肉は30歳以降から、年に0.5~1%のスピードで落ちていきます。

70歳になる頃には、20歳代に比べて、約3分の2にまで筋肉は減少しています。

衰えやすい部位は、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)、大殿筋(お尻の筋肉)、腹筋群やお腹の深部にある大腰筋(股関節を曲げる筋肉)などです。

ちなみに、加齢とともに骨格筋が委縮することを「サルコペニア」と言います。

これらの筋肉は大きな筋肉で日常生活を健康で快適に過ごす為には、大変重要な筋肉です。

ご自分のからだや周りの方をみて頂ければ納得頂けると思います^^;

若い頃に比べて体力落ちたなぁと感じることありませんか?

お尻の筋肉は、まだありますか?

私も、20歳前後から80歳前後の人のトレーニング指導をしていますが、年齢に関係なく、大殿筋、腹筋群などのこれらの筋肉のトレーニングは重きを置いています。

また、筋線維の種類からいえば、大きな力を発揮でき、収縮スピードの速い筋線維(速筋線維:白筋:タイプⅡ)が加齢の影響を受けやすいと言われています。

魚で言うところの、赤身、白身の白身ですね。

この筋肉の線維が委縮していくと、大きな力を出し、速く動く事が苦手になってきます。

ということは、日常生活の中で一番重要だと思われる、歩く能力が衰え、転倒のリスクも高くなってきます。

太ももの前の筋肉が加齢によって弱化する過程をそのまま80歳まで迎えると一度座ると立ち上がれないことになるそうです。

適切なやり方でトレーニングをすれば、年齢に関係なく筋肉は太くなり、筋力、パワー、柔軟性も向上します。

ただの寿命ではなく「健康寿命」を延ばす為、快適な生活を送る為に適度な運動をお勧めします。

また、すでに運動をされている方、ゆっくりとした動きだけでなく、素早く動くトレーニングも追加しましょう。

何歳になっても元気な人は、ラッキーな人ではなく、これらの事を良く理解しほんの少し気を付けた人達ですね^^

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加