気持ち良さを感じ、腰痛、肩こり、膝痛を改善する方法

こんにちは、平松です。

 

腰痛、肩こり、膝痛を抱えている人から、よく受ける質問の一つに、

「どんなトレーニングをしたらいいですか?」

というものがあります。

 

筋力が弱いから腰痛、肩こり、膝痛がある!?

 

こんな、質問をされる方は、弱い筋肉があるので、腰痛、肩こり、膝の痛みが出ていると考えられているのでしょうね。

構造的に問題の無い腰痛、肩こり、膝痛などの原因は、筋肉の使い過ぎです。

 

ストレスが、痛い部分に溜まり痛みが発生しています。

 

筋肉が弱いから痛みが出ているのではありません。

 

負荷の掛け過ぎです。

なので、その場所に負荷が集中して掛からないようにしなければなりません。

 

全身は繋がっていて、人間の体は、お互いに影響し合っています。

 

痛みの出ている場所は、結果として、その場所にストレスが溜まり痛みが出ています。

 

痛い所だけ、マッサージ、鍼、ストレッチングをしても、また痛みが出るのはその為です。

 

まずは、全身をリラックスした緊張のない正常な状態に戻しましょう。

 

そして、特定の場所にストレスの溜まらないからだの使い方を覚えましょう。

 

その後、仕事、日常生活でどうしても酷使する場所があれば、鍛え強くするですね^^

 

特に、スポーツクラブに来られている人は、筋肉を鍛えて何とかしようという人が多いように感じます。

 

腰痛、肩こり、膝痛のの改善は、頑張らない方が効果がでます。

 

楽に、心地よく、リラックスです。

 

もちろん、この筋肉がうまく動いていない、使えていないので、弱いので痛みが出ていることもあります。

後、最低限、地球の重力に負けない筋力もいります。

 

一つ気持ち良さを感じ、全身の緊張を取る、簡単な方法をご紹介します。

 

運動をした後に、クールダウンでじわっとストレッチングして、気持ち良さを感じたことはありませんか?

また、寝て起きた時に、伸びをして気持ちいいですよね。

 

脳が、気持ち良さを感じると、筋肉は緩みます。

私のお客様の中にも、身体調整中にいびきをかきながら、寝られる人がおられます。

 

 

気持ち良さを感じ、全身の緊張をとる、簡単なからだの調整方法をご紹介しましますね。

 

1、仰向けに寝ます。

2、片手を頭の方向に上げます。寝てバンザイをする感じです。
(制限なく楽に上がる方向です。何処でもかまいません。)

3、指先から、じわっと伸ばして行き、気持ち良さを感じます。

4、そして、軽く息を吸いながら、気持ち良く、伸ばせる方向にもう少しだけ、伸ばして行きます。

5、気持ち良さを感じたら、ゆっくり息を吐きながら、元の位置に戻します。

6、この時にも、気持ち良さを感じます。

これを、3回程度繰り替えしたら、反対側の手、脚、そして両手、両脚と行います。

 

顔の向き、体幹の捻じれなど、一切きにせず、自然に気持ち良く伸ばして行ける様に動かしていきます。

顔が右を向いても、左を向いても、一切、形にはこだわりません。

 

気持良く動かせ、気持ち良さをしっかりと感じることが、ポイントです。

 

終わったら、ゆっくりと立ち、体を前屈、後屈など行ってみてください。

あっ、比較する為に行う前にも前屈、後屈などをしといてくださいね。

 

行う前と比べて、体がふわっとして、緊張が抜け、スムーズに動くのがわかると思います。

腰痛、肩こり、膝痛も良くなっていませんか?

 

あまり深く考えず、気持ち良さを感じるように、行ってください。

 

脳が、気持ち良さを感じれば、体は緩みます。

 

腰痛、肩こり、膝痛などの、痛みの改善は、まずは、全身緩めることからスタートです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です