腰痛、膝痛や股関節痛など運動の妨げになる体の痛みがある方は、認知症になるリスクが高い!?

● 腰痛、膝痛や股関節痛など運動の妨げになる体の痛みがある方は、認知症になるリスクが高い!?

こんにちは、平松です。

最近読んだ、読み物にアルツハイマー型認知症を防止する要因が何なのか書いてありました。

1.適切な体重を保つこと

2.学び続けること

3.運動

そして、あらゆる角度から研究した結果、体重、学習、運動のなかで、アルツハイマー発症予防に一番大きな影響力持っているのが、

運動

であることがわかりました。

将来、あなたは認知症になりたくないですよね!

認知症になりたくない人は、上記の1.2.3.を意識しましょう。

腰痛、膝痛、股関節痛があって、運動ができない。

運動をしない。

認知症になるリスクが高いという事ではないでしょうか。

一日も早く痛い所を改善し、定期的な運動をお勧めします。

そして、腰痛、膝痛、股関節痛の改善に運動を取り入れれば、改善する前から運動ができますね。

腰痛、膝痛や股関節痛など運動の妨げになる体の痛みがある方は、認知症になるリスクが高いですよー^^

今すぐ、あなたの生活に運動を取り入れましょう!

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加