腰痛、膝痛の原因で、左右で脚の長さが違う!?

こんにちは、平松です。

膝が痛い、腰が痛いと、相談に来られるお客様の中には、

「左右で脚の長さが違うんです」

って訴えられる方がいます。

脚の骨の長さが違うのであれば、その様に対応しなければいけません。

が、その様な人はほとんどおられません。

骨盤や体の歪みがあり、見かけ上、脚の長さが違って見えるだけです。

X脚や O脚なども同じです。

X脚や O脚に見えるように体が歪んでいる、使っているということですね。

長年、X脚や O脚になる様に、負荷を掛け続けたせいで、骨自体が湾曲している人もおられます。

全身を緩め、自然な体の使い方に戻してやれば 、自然とこれらは修正されていきます。

修正されれば、腰痛、膝痛も改善されます。

全身を緩めて無理に引っ張る物が、無くなれば自然と骨も正しい位置に戻るのではないでしょうか。

骸骨を思い浮かべてください。

筋肉が無ければ、それぞれの骨がぶらん、ぶらんです。

なので私はまず、全身を緩めリラックスした体、自然体に戻す事を一番に考え、指導しています。

その結果は、お客様の声等を見てくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です