堺市パーソナルトレーニング、本当に簡単な体の緊張を取る方法をご紹介します。

こんにちは、平松です。

全身を緩めるだけで、腰痛、肩こり、膝痛は良くなります。

逆に、これをしなければ、腰痛、肩こり、膝痛は根本改善しません。

前回の記事で、腰痛、肩こり、膝痛などの痛みの改善には、まずは全身をリラックスした状態に戻しましょう、と書きました。

今回は、本当に簡単な体の緊張を取る方法をご紹介しますね。

まずは、イメージして下さい。

人間の体は、胎児では体重の約90%、新生児では約75%、子どもでは約70%、成人では約60~65%、老人では50~55%を水が占めています。

これだけの、水分を含んでいますので、力を抜けば、全身フニャフニャの状態になり、立っていることはできません。

袋に水を入れて、床に置いた様なイメージです。

仰向けに寝て、重力に逆らわず、全身の力を抜きます。

床にベチャと染み込んでいく、水、スライムの様にです。

右肩、左肩床から浮いている方はありませんか?

右のお尻、左のお尻、両方同じように床に着いていますか?

足のつま先が、左右で同じぐらい開いていますか?

これらを確認すると、力が抜けていないこと、体に歪みがあることによく気が付きます。

なるべく、床と体との隙間が無いようにします。

どうしても、隙間ができる場合には、バスタオル、クッションなどを隙間に入れます。

その状態で、腹式呼吸を行います。

ゆっくり息を鼻から吸いお腹を膨らませ、ゆっくり口から吐いていきます。

90秒もすれば、体の緊張が抜け、フワッとした感じ、体が軽い感じを感じて頂けると思いますよ^^

あなたも一度お試しください。

全身をリラックスした緊張のない状態に戻しましょう。

そうすれば、あなたの腰痛、肩こり、膝痛は良くなります。

平松のパーソナルトレーニングサポートでは、ここからスタートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です