腰痛、肩こり、膝痛などの慢性痛は良くなります。ストレスを与え続けている事を止める。

こんにちは、平松です。

腰痛、肩こり、膝痛などの慢性痛は良くなります。ストレスを与え続けている事を止めれば良いのです。

あなたは、腰、肩、膝を痛めつける様に使い続けていませんか?

腰痛、肩こり、膝痛が、なかなか良くならない。

それは、日常生活の中で腰、肩、膝に痛みが出るストレスを与え続けているのではないでしょうか。

整形外科で、骨などの構造に異常はありません。

と、言われたものの殆どは、安静にしてストレスを掛けなければ痛みは和らぎますよね。

でも、通常の生活に戻れば、また痛みが出る。

その時は、以前より痛みが増しているかもしれません。

安静にしていたぶん、体力が低下してるからですね。

日常生活を送っているだけで、慢性的な痛みが出るという事は、

「自分のからだを自分で痛めつけるように使っている」

からだと思いませんか?

スポーツクラブ・ジムにいると、日課として整骨院に通っていると言う話を良く聞きます^^;

いくら毎日、整骨院に通っても、自分のからだを自分で痛めつけるように使っていれば一向に良くならないのも納得ですよね。

野球のピッチャーが肘が痛くなり、痛みが無くなるまで投げるのを止めた。

痛みが無くなったので、投げるのを再開するとまた痛みが出る。

痛みの出ない投げ方を身に着けなければ、痛みが再発するのは当たり前です。

あなたの、腰、肩、膝も同じようなことになっていませんか?

まずは、自分のからだを痛めつけている、立ち方、座り方、歩き方、走り方、などなどからだの使い方を改善しましょう。

そうすれば、腰痛、肩こり、膝痛は良くなります。

そして、仕事などの関係でからだに負担を掛けていることがやめられないのであれば、通常の人よりも鍛えて強くしておく。

疲労が溜まり痛みが出る前に、からだのケアをするです。