堺市パーソナルトレーニング、趣味の山登りも楽に登れます。膝の痛みも改善します。

こんにちは、平松です。

趣味の山登りも楽に登れます。膝の痛みも改善します。

理にかなった体の使い方を覚えるだけです。

あなたは、下半身の筋肉で何処の筋肉が一番重要だと思いますか?

ふくろはぎの筋肉。

太もももの前の筋肉。

太ももの後の筋肉。

お尻の筋肉。

何処でしょうか?

答えは、お尻の筋肉です。

なので、能力の高い海外のスポーツ選手は、お尻から股関節の付け根にかけてよく発達しています。

それに比べて、太ももの前はスッキリ。

膝から下、ふくろはぎも細いです。

私も仕事上、2メーター以上ある黒人のバスケットボール選手に良く会いますが、プリッとしたいいケツをしていますよ。

その反対に、折れるのではないかと思うぐらい、膝から下は細いです。

とうとう、ロシアワールドカップも決勝戦までやってきました。

決勝戦に出場する様なサッカー選手も、お尻から股関節の付けに掛けて良く発達しています。

太ももの前は、スッキリしています。

プレーのスロー再生を見ても太ももの前は、盛り上がっていません。

サッカーのプレー中もあまり使ってないと言うことです。

人間の体は、使っているように変化します。

股関節を良く使い、ふくろはぎ、太ももの前は、あまり使っていないと言う証拠ですね。

あなたのお尻は、垂れてぺちゃんこではないですか?

少し歩くと、膝、ふくろはぎ、すねが痛くなりませんか?

パーソナルトレーニングをはじめて受けて頂くお客様には、股関節、お尻の筋肉をメインで使う、椅子からの立ち上がり方、歩き方、階段の上り方、立ちしゃがみの仕方は必ずトレーニングして頂いています。

趣味の一つが山登りのお客様が、

「平松さん、お尻を意識して上ると、楽勝やね!」

「全然、しんどくなかったわ^^」

と、山登り後の感想を話して下さいました。

こう言う、日常生活の中で、パーソナルトレーニングの効果を感じて頂けるのが、私にはとっても嬉しいことです。

椅子から立つ、座る。

階段の上る。

歩く、走る。

メインで使うのは、股関節、お尻です。

上記の動作で、膝が痛いのは、股関節、お尻ではなく膝をメインで使っている方が多いです。

理にかなった体の使い方を覚えれば、膝の痛みも改善します。

人間の体は、そんなに弱くありません。

正しく使ってやれば、人生最後まで痛みを感じず過ごせるはずです。