堺市膝痛改善。ヒップアップするような体の使い方をすれば、膝痛は改善します。

● 堺市膝痛改善。ヒップアップするような体の使い方をすれば、膝痛は改善します。

こんにちは、平松です。

ヒップアップするような体の使い方をすれば、膝痛は改善します。

パーソナルトレーニングサポート中に、

「平松さんのパーソナルトレーニングを受けていると、お尻が大きくなりますよね^^」

って言われました。

このお客様のパーソナルトレーニングの目的は、腰痛改善、そして死ぬまで自分の脚で歩けるようにということです。

ボディメイク、カッコいい体になりたいではありません。

人間として、自然な体の使い方、理にかなった体の使い方をすると自然とお尻の筋肉が発達するということです。

お尻の筋肉が、発達するということは、股関節、お尻の筋肉をよく使っているということですね。

階段を上る時、椅子から立ち上がる時、膝が痛い人は股関節ではなく、膝関節に多くの負担を掛ける間違った体の使い方をしている人が多いです。

しゃがむ、立ち上がる。

歩く、走る。

階段を上る、下る。

ジャンプする、着地する。

全て、股関節、お尻の筋肉をメインで使うのが、理にかなった体の使い方です。

なので、能力の高い海外のスポーツ選手は、お尻から股関節の付け根にかけてよく発達しています。

それに比べて、太ももの前はスッキリ。

膝から下、ふくろはぎも細いです。

私も仕事上、2メーター以上ある黒人のバスケットボール選手に良く会いますが、プリッとしたいいケツをしています。

その反対に、折れるのではないかと思うぐらい、膝から下は細いですね。

人間の体は、使っているように変化します。

腕の筋肉をよく使う人は、腕が太くなりますよね。

股関節をよく使い、ふくろはぎは、あまり使っていないと言うことです。

あなたのお尻は、垂れてぺちゃんこではないですか?

少し歩くと、膝、ふくろはぎ、すねが痛くなりませんか?

股関節、お尻の筋肉をメインで使う体の使い方を覚えれば、あなたの膝痛も改善します。

膝の痛み、腰痛の改善の為にトレーニングをして行けば、勝手に引き締まったカッコいい体に近づいて行きます。