堺市パーソナルトレーニング、日頃から運動をしていると、手術後の復帰も早くなります。

● 堺市パーソナルトレーニング、日頃から運動をしていると、手術後の復帰も早くなります。

こんにちは、平松です。

日頃から、体を動かしておく、トレーニングをしておくと病気や怪我での手術後の回復も早くなります。

私のお客様で、手術をされた方がおられます。

「手術後のリハビリで、予想以上に体が動くので理学療法士の人にビックリされました」

「病院の先生にも、やっぱり日頃から運動してる人は違いますねって言われました」

と、手術後一発目のパーソナルトレーニング時に話してくださいました^^

このお客様のお知り合いで、私のパーソナルトレーニングを受けて下さっているお客様も、

「平松さん、○○さんもう復帰されてるんですよね!」

「大丈夫なんですか?」

と、早い復帰に驚かれていました。

アポロ計画の前に行った有名な実験がありました。

3週間の完全休養(24時間のベッドレスト)をするというもの。

結果は、

・最大酸素摂取量(約30%低下)
・最大心拍出量(約26%低下)
・最大換気量(約30%低下)

上記は全身持久力の指標、心臓循環系の機能の指標となるものです。

通常これらの機能は、20歳ごろをピークにその後加齢とともに毎年1%ずつ低下していきます。

つまり、3週間24時間、寝たきりの生活をすると、一気に30歳近くも老化することになります。

重力、体重がかからない世界では、骨粗鬆症、糖尿代謝の劇的な変化が起こります。

たったの、3週間で30歳分老けるということですよ。

この実験に近い生活されてませんか?

車、エレベーター、エスカレーター、デスクワーク中心の仕事。

私の祖母も以前二週間ほど入院し退院時に、

「次、入院したら、家に帰れなくなる!」

と、重力から解放された生活を送った時の筋力の低下、体力の低下を実感していました。

自分の脚で歩けなくなり、家でまともな生活が送れなくなると言う意味で言っていました。

日頃から、体力をアップしていれば、入院の期間が短くなります。

日常生活への復帰も早くなります。

そして、入院するリスクも少なくなります。

人間は動物です。

動く物です。

適度に動きましょう。

この様なお客様の話を聞くと、とっても嬉しいですね^^