堺市パーソナルトレーニング、腰痛、肩こりは、○○を改善すれば良くなります。

● 堺市パーソナルトレーニング、腰痛、肩こりは、○○を改善すれば良くなります。

こんにちは、平松です。

腰痛、肩こりを改善するには、痛みが出ている筋肉、こっている筋肉の血流を改善しなくてはいけません。

手っ取り早く血流を上げる一つの方法は、温めることです。

カイロを痛いところに貼って温めます。

私もお客様にやってもらいますが、これだけでも腰痛、膝痛が楽になります^^

よく使う筋肉は、使いすぎて疲労すると、短縮し硬くなります。

その反対であまり使わない筋肉は収縮することが少なく、伸ばされたままの状態が多くなると、収縮する力の弱い筋肉になります。

これが、歪みの原因の一つです。

筋肉は縮む時にエネルギーを必要とします。

また、縮んだ状態をとく(緩む)のにもエネルギーを必要とします。

縮んだ状態でエネルギー切れとなり、縮んだままの状態が続いているのが、筋肉がこっている状態です。

肩や腰の筋肉は、重力に逆らって、姿勢を保つだけで、持続的な収縮を繰り返しています。

なので、肩や腰の筋肉に負担が掛かる姿勢を続けると、筋肉にこりが発生しやすくなります。

筋肉がこると、筋肉内の血流が悪くなります。

こうなると、必要なエネルギーや酸素などの供給が減ったり、乳酸などの疲労物質も停滞してしまいます。

この状態が長く続くと、筋肉に痛みを感じる様になるわけですね。

痛いと力が入りやすくなります。

そのことでまた、筋肉は縮んだままで、ますます血流が悪くなります。

さらに、痛みを感じる神経が興奮すると、血管を細くする交感神経も興奮し、ますます血流が悪くなります。

こうして、どんどん、肩こり、腰痛がひどくなっていきます。

なので、腰痛、肩こりを改善するには、痛みが出ている筋肉、こっている筋肉の血流を改善しなくてはいけません。

私のパーソナルトレーニング後の感想では、

「全身ポカポカする」「血が通ってるのがわかる」

って言われますよ。

血流を改善し、弾力性のある筋肉に戻すせば、腰痛、肩こりは良くなりますよ^^

病院、治療院では、根本改善しなかったあなたへ。