堺市パーソナルトレーニング、朝、起きてすぐ動かすと膝が痛い人へ

● 堺市パーソナルトレーニング、朝、起きてすぐ動かすと膝が痛い人へ

朝起きて、動き出す時に、痛みを感じる人と、感じない人とどちらが正常な人だと思いますか?

あなたは、どちらの人になりたいですか?

当たり前ですよね。

痛みを感じない膝が正常で、痛みを感じない体になりたいですよね。

朝、起きて動き出しに痛い膝も良くなります。

膝が痛いのは、歳のせいではありません。

年輩の人でも膝が、全く問題ない人はたくさんおられます。

あなたの膝痛も良くなりますよ。

朝、起きて動き出しだけに膝が痛いうちに改善の努力をする事をお勧めします。


朝起きて、動き出しは痛いが、しばらくすると痛み、違和感がなくなる。

ということは、寝ている間に筋肉も関節も固まってしまっていると想像できます。

少し動かし、血流などが良くなると何の違和感も感じなくなるのでしょう。

人間の身体は、力学的ストレスの多くを筋肉で受け、関節に掛からない構造になっています。

ストレスが掛かり過ぎると、筋肉は固くなります。

固くなった筋肉では、ストレスを受けきれなく。

すると、関節にもストレスが掛かるようになります。

弾力性のあるゴムは、良く衝撃を吸収しますが、固くなったゴムでは吸収しないのと同じです。

一日ストレスを受けた、膝、膝周りの筋肉が、寝ている間に疲労回復できなければ、朝起きて、固まった膝をいきなり動かせば痛みや違和感を感じることになります。

朝、起きてすぐ膝を動かすと痛み、違和感を感じる人は、一晩寝ただけでは、膝、膝周りの筋肉が、疲労回復できていないということです。

寝ている間は、寝返り以外は体を動かすことがありません。

動かさないので、疲労で固くなった筋肉の血流は悪いままです。

血流が悪ければ、回復に必要な栄養も酸素も筋肉に行かない。

疲労回復も遅れます。

寝る前には、一日の疲労を取りやすくする為に、筋肉をゆるめましょう!

朝、起きてすぐに動き出すと、膝への負担が大きいです。

布団の中などで、固まった膝をほぐし血流を上げてから動くようにしましょう。

トレーニングの前のウォーミングアップと同じですね。

また、寝ている間に少しでも血流を保つ為に膝周りを温めるという工夫も効果があります。

朝、起きてすぐ痛みが出る人は、お試しくださいね^^

根本改善では無く、対処療法ですが・・・・

以前ご紹介した、ストレッチ、ストレッチングも、お風呂に入りしっかりと温め、筋肉が緩みやすくなったタイミングでお試しくださいね。

根本改善の為には、膝に極端にストレスの掛からない歩き方などの体の使い方を覚える。

捻じった動きなどの自然でない関節の動きをしていなければ、多くのストレスが膝関節に掛かります。

そして、必要なら多くのストレスを掛けても大丈夫なように鍛えておくということも必要です。

この様にすれば、あなたの膝痛も良くなります^^

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加