歩き方・ウォーキング指導。腰が痛い、股関節が痛い、膝が痛い、足が痛い方には必ず行ってます。

● 歩き方・ウォーキング指導。腰が痛い、股関節が痛い、膝が痛い、足が痛い方には必ず行ってます。

こんにちは、平松です。

皆さんは、どの様にして歩いていますか?

歩き方が原因で、痛みが出たりしいてませんか?

スポーツクラブでも多くの方が、ジョギングやウォーキングをされています。

私のお客様にも、マラソン大会に出る為に、トレーニングをしている方がおられます。

お客様の目的達成の為に、歩き方の指導が必要だと思う時には歩き方の指導も行います。

腰が痛い、股関節が痛い、膝が痛い、足が痛いと言われる方には、必ず行っています。

一週間~2週間に、たった1時間私と一緒にトレーニングをしても、それ以外の所で間違った身体の使い方を行っていれば、なかなか痛みの改善も出来ないでしょう。

歩く事は人間の基本です。

なので、歩き方が悪いと痛みの原因になり易いと思います。

逆に楽にスイスイ歩ければ、運動量も上がりますし、快適な日常生活がれます。

歩くとは、体を前方に運んでいく、体の重心を目的地に移動していくことです。

頭、胸、体幹、上半身から先導します。

一歩、脚を出さないと倒れるので、自然に脚を前に出す。

ほぼ重心の真下(重心よりほんの少し前)に、足の裏全体でフラットに着地する。

後足の踵が浮いたら、直ぐに前に足を出します。

重力を利用し、重心を前方に移動させます。

重力を利用した、理にかなった動きなので、疲れにくく気持ちよく歩く事ができます。

決して足首を伸ばして、母趾球で地面を蹴らない。

蹴るとふくろはぎが疲れます。

後ろに足が流れるので、前に持っていく余分な動きが必要になる、余分な時間も掛かります。

また、足を重心より前に踵から着地すると、ストライド(一歩の歩幅)は伸びますが、重心より前についているのでブレーキを掛けていることになり、一瞬前への移動も止まります。

移動が止まると言うことは、スムーズな動きではありません。

ブレーキを掛けた分、前に移動する為には、余分な力、動きが必要になります。

重力を利用した歩き方をして、どんどんピッチを上げていけば自然とジョグ、ランニングに移れます。

私の60代女性のお客様も長い間走った事がないと言われていましたが、ウォーキングの練習をしてもらい、徐々にランニングマシンのスピードを上げていくと、自然とジョグに移行することができました。

ご自分でもびっくりされていました^^

右足、左足同じように動いていますか?

足音は左右同じですか?

下腿がよく疲れたりしませんか?

腰が痛い、股関節が痛い、膝が痛い、歩くと痛みが出ると言う方、一度歩き方をチェックしてみてはどうでしょうか?

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加