変形性膝関節症で軟骨がすり減っている人の痛み改善事例

● 変形性膝関節症で軟骨がすり減っている人の痛み改善事例

こんにちは、平松です。

膝が痛いと相談に来られる人に、整形外科では何て言われましたか?と聞くと、多い答えは、

「変形性膝関節症で軟骨がすり減っている」

という答えです。

最近、膝イタで相談に来られたお客様もそう言われました。

特に片膝だけ、軟骨がよく減っているそうです。

整形外科では、月に2回、ヒアルロン酸の注射を1年ほど続けたが、効果を感じなっかたと言われました。

よくすり減っている方の膝は、階段の上り下りで、痛みが出たり、歩行でも違和感があるようです。

立ち姿勢をみると、軟骨がよく減っている方の脚が、X脚になっています。

原因は、X脚になる、X脚にした、体の使い方だと思います。

X脚になる様に体を使い、なる様なストレスを長年にわったって掛けた結果、X脚になっています。

膝関節は本来の正しい動きをしていないので、軟骨の減り方も激しいということです。

ドアの蝶番も同じですが、正しい動きをしていれば、長い間スムースに動きます。

少し捻じれて動かしても、新しい間は動いてくれますが、だんだんと黒い粉を噴き、音が鳴り、最後には動かなくなり、交換しなければなりませんよね。

人間の関節も同じです。

蝶番の様に交換も、今の医学ではできるようですが、大掛かりなものになります。

また、なんこつは、再生が難しいといわれています。

ですので、違和感を感じている人は、早めに整形外科で診察してもらう。

そして、対応をして下さいね!

このお客様は、指導を続けて行くと、

まず、歩く時の違和感がなくなり、そして階段の上りが痛みなく楽になり、その後下りも楽になられました。

X脚もだんだんと改善しています^^

歩くことは、人間の基本です。

膝、股関節は特に大事にしたいですね!

あなたの膝痛も体の使いかたを正しくすれば改善しますよ^^

病院、治療院では根本改善しなかったあなたへ!
膝痛、肩こり、股関節の痛み改善にも役立ちますよ^^

腰痛改善!無料7日間メール講座

 

腰痛、肩凝り、膝の痛み、股関節の痛みなどの改善。健康維持、増進。スポーツがうまくなるためのトレーニング指導を行っています。

梅田、中津、淀屋橋、堺市、堺東、中百舌鳥(なかもず)、新金岡、金岡町、北花田、深井、白鷺、土師町、新家町、三国ヶ丘、鳳、初芝、岸和田市などからトレーニングにお越し頂いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加